移転祝いにふさわしい贈り物とは

移転お祝い

会社の移転祝いには花を贈るのが一般的です。

 

移転祝いには花がたくさん送られるだろうからといって、花以外を探す人がいますが、焼き菓子やスイーツ、酒類などは季節のご挨拶に送るのが一般的です。
金額的にも移転祝いの相場を満たしていませんので避けるようにしましょう。

 

花を選ぶ際は、相場を合わせて他社に見劣りしないように無難な手配をすることが大切です。

 

ですが、実際には他社よりも豪華な花を贈ることで取引が円滑になり、関係をより良くすることもできます。

 

業務拡大のための移転という節目のときに、他の祝い花と比べて明らかに豪華な花を贈れば、自社の印象が良くなり、ライバル他社よりも優位に立つことができます。

 

でも、見栄えの良い胡蝶蘭などの花は、グレードを上げれば値段も高くなってしまいます。

 

しかし、ここで紹介している業社を利用することで、予算内で最もコスパの良い花、ライバル他社よりも見栄えの良い花を贈ることができます。
実績は年間数万件、政財界やテレビ関係者も利用する会社ですので、安心の移転祝い花が手配できます。

 

コスパに優れた最高級胡蝶蘭

 

値段を抑えながらも見栄えの良い最高級の花を贈る方法をお探しの方に、高品質で見栄えが良い花を低価格で手配する方法をご紹介します。

 

本社や事務所、営業所などを移転された際の贈り物では、華やかな胡蝶蘭が法人ギフトとして一般的となっています。

 

胡蝶蘭であればなんでも良いというわけではなく、相場などのビジネスマナーに即した形で手配するようにしましょう。

 

移転祝いの花

移転祝いの相場

参考として、新しい事業のお祝いで相場に見合った金額としては、最低でも1万円以上、通常で2万円、大切な顧客には3万円以上が相場です。

 

届け先との取引関係の大小で予算の組み方も変わるのが一般的です。
重要な顧客なら3万円以上にすると安心です。
他社のお花と並べられたときに、見劣りしなくて済む金額です。

 

お客様宛:3万円〜5万円

 

取引先宛:2万円〜3万円

 

下請け宛:1万円〜1.5万円

 

ここで紹介している業社を利用すれば、予算が少なくても相場以上の見栄えの良い花を贈ることができます。

 

限られた予算で、大切な相手に値段以上の花を送ることができます。

会社の移転祝いを贈るタイミング

お祝い胡蝶蘭などのお届け日については、移転後の業務開始日当日中に配達されることが一般的なマナーです。

 

予め手配する日を予約しておけば配達日と時間帯の希望をきいてくれますが、急いで贈りたいときは当日配送できる花屋があるので近々でも役立ちます。

 

東京23区、大阪市、福岡市には手渡しで当日配達しています。

 

新鮮で豪華で安い胡蝶蘭を移転祝いに手配するときはおススメのサービスです。

 

ほとんどの花屋で2万円程度の胡蝶蘭が約40%OFFで購入可能
ネット申込みは当日注文で都内23区と大阪市、福岡市は最短当日配送
宅配便による翌日全国配送にも対応
贈った花の画像を確認可能(ネット申込限定)
カード決済、請求書払いに対応

 

 

移転お祝いのフラワーギフトとして胡蝶蘭が利用されている理由としては、花言葉が縁起が良いことと、花の持つ独特の高級感があることが人気の理由です。

 

販売価格で胡蝶蘭の花の数や本数が変わったりして不安になるのですが、ここで紹介している花屋を利用すれば、通常価格の約半額近い値段で手配することが可能になっています。

 

PREMIER GARDEN
URL:https://www.prrr.jp/

移転祝いの胡蝶蘭を選ぶときのポイントまとめ

予算ありきで花を手配すると思いますが、相手によって花の値段を選ぶことが大切です。

 

相場

重要顧客:3万円〜5万円
一般顧客:2万円〜3万円
下請け、おつきあい程度:1万円〜15000円

 

蘭の本数

重要顧客:5本立
一般顧客:3本〜5本立
下請け、おつきあい程度:3本立

 

花の色

白が最も多く、次いでピンク

 

熨斗(のし)

御祝・移転御祝・祝御移転など

 

届け日

移転完了後の業務開始日

 

移転祝いで花を贈るときの立札の書き方 は?

移転祝いの花は熨斗の代わりに立札を付けるのがビジネスマナーです。

 

移転祝いで花を贈るとき、熨斗の代わりに立札に社名などを書いて、鉢などに差します。
立札の書き方が間違っていると、相手の気分を害してしまいます。
立札の書き方にマナー違反があると、せっかくの移転祝いが台無しになりますし、今後のお付き合いに支障をきたす場合もあります。
移転祝いの際の立札の正しい書き方をマスターしましょう。

 

といっても移転祝いの立札の書き方には、幾つかの種類があります。
最もオーソドックスなのが中央上に朱色で御祝、祝、移転御祝などと書き、その下のスペースに、送り主の社名、行を変えて社長の肩書と社長の氏名を書くというものです。

移転祝いの札

移転御祝
社名
役職名+氏名

 

祝字の内容が不明なときは花屋に任せるのがオススメです。
プレミアガーデンでは入力内容に合わせて最適な移転祝いの札を作成しています。

 

相手の社名と、自社の社名両方を書くケース

誰あてなのかを明確にするために、贈る相手の社名を書き、行を変えて先方の社長の肩書と社長の氏名を書きます。
次に行を変えて、先方の社名よりも低い位置に、送り主の社名、改行して送り主の社長の肩書と社長の氏名を書きます。

 

先方の会社名を書くことで、どこの会社に対するお祝いかがよく分かるので、移転パーティーなどを催す場合や、路上に並べるなど、ひと目の多い場所に飾る際に適しています。

 

また、先方の会社名が長く、一行で書ききれない場合は、社名のみ記載して、社長の肩書と氏名を書かない場合もあります。
最近はカタカナの社名も増えており、社名が非常に長い法人が少なくありません。
全体的なバランスを考えて、体裁のよい方法を選びましょう。

 

立札は花屋などの業者が書くのが一般的です。
プロですから失礼のない書き方十分承知しています。
ですから、注文時に社名や社長名などを間違えて伝えないよう、十分に注意しましょう。

花以外の移転祝い

花以外の贈り物として、置き時計やオブジェ、焼き菓子、フルーツ、お酒などを選ぶ人がいますが、センスが疑われかねない飾り物や置物、好き嫌いのある食べ物や飲み物は避けるのがおすすめです。贈っても実際には喜ばれていない場合があります。

 

また、相場と合っていないと(安くみられる)判断されることもあるので注意が必要です。

 

今後の取引も考えた場合は相場に合った花を贈るのが最も無難な選択になります。

 

胡蝶蘭を手配する方法

移転祝いの花を手配するときの注文方法として、お勧めなのが商品画像を比較しながら購入できる花のWEB通販です。
わざわざ注文しに出向かなくていいし、在庫確認もリアルタイムで確認できるので楽で確実だと思います。

 

ただ、花というと鮮度を心配される方が多いのではないでしょうか。

 

新鮮な花かどうかを見極めるのは、素人では難しいのが現状です。
贈った花がすぐに枯れるのは、相手に縁起が悪い印象を与えてしまいます。

 

どのようにすれば新鮮な花が届くのでしょうか。

 

そのようなときに安心して利用できるのが、ここで紹介している産直の胡蝶蘭を販売している通販です。

 

例えば、画像のような立派な胡蝶蘭を移転祝いに送ると、通常の花屋なら3万円以上になります。

 

ですが、産直の通販を利用することで半額近い40%OFFで注文することが可能です。

 

産直入荷の新鮮な花なので、大切な相手への贈り物としても安心です。

 


※画像クリックで産直販売サイトを表示します。

 

高級感があるお祝いギフトとして人気の胡蝶蘭ですが、高級街の花屋によっては値段が予算を超えていることが良くあります。
そのような場合に、産直で安い金額でオーダーできる胡蝶蘭3本立から5本立ちが、通販ショップで注文できます。

 

間違ってはいけない先方の名前や住所など、サイトで確認してコピペ入力できるのもネット通販ならではですね。

移転祝いにおすすめの花は?

仕事上の取引先や、日頃からお世話になっている人から、会社移転のお知らせがあった時、多くの人は今後の関係性も考え何かしらお祝いをするかと思います。
今よりもさらに良好な関係を築くためにも、贈り物で相手に気持ちを伝えることは非常に重要と言えます。

 

日本人は何かおめでたいことや、逆に悲しいことがあった場合にも、相手に贈り物をするという風習が昔からあります。
特に、おめでたいことがあった場合はきちんとお祝いすることで、仕事関係の場合は今後のビジネスチャンスにつながる可能性もあるでしょう。
ビジネスチャンスだけを考えることはいいこととは言えませんが、贈る際もマナーを守って贈らないとかえって失礼になることもあるので、注意が必要です。

 

移転祝いとしては胡蝶蘭や観葉植物など、植物を贈る風習がありますが、視覚的な癒しの効果だけでなく、空気清浄の機能も兼ね備えています。
新しいオフィスに飾ることを考えると、こういった植物はふさわしいと言えます。
植物が持つ花言葉に気持ちをこめてもいいかもしれません。
相手との関係性により、もっと砕けた品物を贈っても問題ありませんが、相手がもらった時にどう思うかを考えて贈るようにしましょう。
せっかく贈ったお祝いがマナー違反にならないよう、細心の注意を払って贈り物は選びたいものです。
社会人としてのマナーを知り、着実に喜んでもらえるような品物を贈る準備を進めましょう。

 

胡蝶蘭がお祝いに適しているのはなぜ?

事業の始まりは個人事業から、という人が多いですが、経営していく中で仕事が増えて収益も増えてくると、会社を法人化させることがあります。
それに伴い人員増加などを行い、これまで使用していた事業所では手狭になり、より面積が広い事務所に引越しをすることがありますが、こういった場

 

合移転祝いを贈るのが一般的です。
日頃から取引のある会社や、親しくしている人がいる場合は特に贈ったほうがいいでしょう。
移転祝いとしては、胡蝶蘭や観葉植物といった植物を贈ることが多いですが、予算がある場合は胡蝶蘭を選ぶと無難で喜ばれます。
インターネットの花や通販サイト等をチェックして、費用などを確認しましょう。
胡蝶蘭が移転祝いにふさわしい花とされているのは、花言葉にも理由があります。
「幸福を呼ぶ」という花言葉があるため、新オフィスでの新しいビジネスライフを送る人にとって、縁起のいいお花だといえます。
胡蝶蘭を飾っておくことにより、見た目も豪華で華やかになりますし、職場の雰囲気も明るくすることができるため、大きなメリットとなるでしょう。
花言葉だけでなく、花が持つ雰囲気と存在そのものにも効果があるようです。
ただし、移転祝いで胡蝶蘭を贈る際はマナーをきちんと守ることが重要です。
贈る相手との関係性などによって、値段の相場が変わってくるので情報を集めてから買い進めるといいでしょう。

 

移転祝いを贈る相手との関係性

移転祝いに胡蝶蘭や観葉植物を贈る場合、今一度どのような目的で贈ろうとしているのか明確化させることが大切です。
一般的に移転祝いには、胡蝶蘭や観葉植物を贈るといいとされていますが、必ずしもこれらが適しているとは限らない場合もあります。
移転祝いを贈る相手が個人事業者なのか、法人なのかによっても変わってきます。
個人事業者は移転記念パーティーなどを開催しないこともあるので、胡蝶蘭や観葉植物が特に必要ないかもしれません。
その場合はカタログギフトなど、自分で選べるもののほうが喜ばれることもあります。
移転パーティーを開催する法人などの場合は、立て札を立てて胡蝶蘭や観葉植物を贈るようにしましょう。
そうすることにより、相手の株を上げることができるので、ビジネスのことを考えてもお互いのメリットは高いと言えます。
相手との関係性により、贈る品物をどうするか考えることが重要です。
もちろんこれを贈らないといけないというルールはありませんが、ビジネスの世界では暗黙のルールと呼ばれるものが存在しています。
贈るものによって、社会人としての意識の低さを露呈してしまうことにも繋がりかねないので、注意しましょう。
移転祝いに贈るものは、状況と相手によって柔軟に変えていくことが望ましいですが、値段の相場についても調べておくことが必要です。
相手との関係性から考えた場合、相場からあまりかけ離れない範囲の品物を贈ることも意識したいですね。

移転祝いの参考サイト集